投資信託のメリットとデメリット

株もそうだが、投資信託にもメリット、デメリットがある。 株のメリット、デメリットは言うまでも無かろう。 しかも俺は株負け組みだ。 もう株のデメリットは語りたくない。 勘弁してくれ。 だから投資信託のメリットとデメリットを語ることにする。
★メリット1 銘柄を選ばなくてもよい!
買えば下がる、売れば上がる負け組の法則に悩まされた負け組み(俺)にはもうタマランね。 もう銘柄選択に悩まなくていいとは! 投資信託ならファンドマネージャーというそれでメシを食っている人が、俺の代わりに売買のタイミングを見切ってくれるらしい。 いやいや、何が心配かってファンドマネージャーの胃が心配じゃ。 ガハハハハ。がんばれがんばれ。
★メリット2 少ない値段で買える!
株だと1単元が100万、200万っちゅう銘柄も結構あって、とても俺には買えない世界の話だった。 100万200万軽く買えるぐらいだったら今こんな負け組みとしてピーピー言うてない。 間違いない。 たまに奮発して180万円の株買って翌日に下方修正が発表されるともう涙が止まらん。 「もうはまだなり、まだはもうなり」っていう格言、あれホントうまいこと言うたよなあ。 格言残した奴、俺のこと笑ってるな。 間違いない。
その点、投資信託なら基本は1万円から。 それでいて多くの銘柄に分散される。 これはデカイ。精神的に落ち着く。 まさに小心者、日和見主義、負け組の救世主伝説。
▼デメリット 手数料がかかる
用心棒を雇うのにカネが要るように、投資信託でも運用にカネがかかる。 しかも投資信託を売る側の基本的スタンスは驚いたことに 「できるだけ頑張るけど、失敗しても知らないよ。」 「だけど報酬はもらっていくよ。」 「それも毎年だかんね。」 ということらしい。カネをとっておきながら結果に責任を持たないとは! いまどきこんなふざけた商売あるか。
と、怒ってはみたものの「じゃあ自分でやれよ」と言われると負け組みは何も言い返せない。 俺かなしい。 自分でやったら信託報酬以上に資産が減るんだよ!!
よし、ここは発想の転換でいこう。 用心棒と思うから腹が立つんだ。 彼らはお代官様だと思うことにしよう。 「今年の年貢は信託報酬だけじゃった。」 「市場の魔物から守ってくださった。」 「ありがたいことじゃ。」 「んだ、んだ。」 うーん、これなら投資信託やってもいいかな。
同情・激励・耳より情報求む