投資信託ってどこに売ってるの?

ある日・・・
会社が遅番だった俺は、たまった雑用を片付けるために銀行にいた。 残念なことにその日はけっこう窓口が混んでいたため待合スペースで待たされていた。 ちょうど読む本を切らしていたので銀行のパンフレットで暇をつぶすことにした。 せっかくだから、いま注目の投資信託のパンフレットにしよう。
しかし、パンフレットが置いてある棚には投資信託の文字はなかった。 そこで私はロビーに立っている銀行のおばちゃんに言った。 「すみません、投資信託のパンフレットがあったらください。」 すると、おばちゃんの目が大きく開き、鋭く輝いた。
まるで猛禽類の目だ!
その後俺は窓口につれていかれて興味あるジャンルだのこれまでの投資経験だの矢継ぎ早に聞かれてまいった。 こっちは暇つぶしなんだけど。 窓口業務が遅いから待ってるんだけど! よけい窓口を混乱させてどうする。→オレ
・・・といった具合に、投資信託は銀行で買えるようだ。 というか油断していたら銀行で買わされてしまう。 でもふつう、証券会社で買うよな。 株負け組の俺たちは、証券会社に口座のひとつやふたつ持っているからすぐに買うことができる。 それに銀行だけでなく郵便局でも売っているらしい。
気をつけることとしてはこんなことがある。 株とちがい投資信託は証券会社によって、また銀行などによって売っているメニューが違う。 当然手数料も違う。 だから自分に合ったものはどこで売っているか調べてから買わないといけない。
また冒頭に書いたように銀行や郵便局などは投資信託と聞くとがぶり寄りで攻めてくる。 きっと投資信託の販売手数料で儲けようとしているのだろう。 その手に乗るか。 とか言ってても、証券会社にも手数料払うんだが。 値段が違うから要チェックや。
同情・激励・耳より情報求む