長期利殖か短期回収か

さて、前回長期で蓄財を目指す人と、短期でお小遣いが欲しい人では選ぶものが違うと書いた。 投資信託っちゅうもんは基本的に長期投資だとは思うが、短期で成果が欲しい人は次のようなものを選んではどうか。
  • 毎月決算/四半期決算の投資信託
  • ブルベア、派生商品型の投資信託
先に後ろのほうから説明しとこう。 これは、簡単に言うと相場以上にドカンと値が動く投資信託である。 ブル型は、相場が上がるとドカンと上がり相場が下がるとドカンと下がる。 ベア型は逆に、相場が上がるとドカンと下がり相場が下がるとドカンと上がる。 市場の流れを読めれば短期に大きな利益を得ることも可能である。
ということは俺たちには無理。だって流れとか読めねー。
ということで必然的に短期でお小遣いを稼ぐには毎月決算/四半期決算で頑張るのがよい。 ざっと調べたところ、債権やREIT型のファンドでそういうものが多いっぽい。
突然だが俺はあんまり個別のファンドに言及をしたくない。 したくないんだがこればっかりは触れざるを得ないものがある。 グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型というのがそれである。 なんで取り上げたかというと資産額が5兆2000億円なのだ。
5兆って(ゲラゲラ)笑うしかないね、これは。 聞くところによると年金生活のおじいちゃん、おばあちゃん達がよく買っているらしいじゃないか。 毎月決算でちょうど給料のように生活費が振り込まれてくるから使い勝手がいいのだろう。
それにしても、ジャパンマネー5兆円がこのファンドで世界中から資本を吸い上げていると考えるとなかなか面白い。
同情・激励・耳より情報求む