第15話 運気回復

次の日、授業があったが、ぬりかべからは何も連絡されることなく1日が終わった。

やっぱあかんかったかぁ。ソーシャルワーカーには運転免許は絶対いるってどの先生もゆうてた話はほんまやったんや。免許もってへんだけで受験する資格もないのはちょっとへこむなぁ。

私はなんだかオセンチな気分になっていた。(謎)

その夜もなぜか阿須茄子。こういうときは働いてごまかすんが一番や。

しかし、そこへまた1本の電話が、、、、。

もうバイト中やけど出たれい。

はい

あ、シロマメさん?あのね、就職課の先生がね、どうしても黒田さんを推薦したいってゆっててね、免許を取るということを前提に受けてもらえないかなぁ?病院側はOKくれたみたいだし

なぁんと!神様はもしかしてこっち見てる?見てる?うひゃっひゃぁ

私は「121分」ということをすっかり忘れて踊り、はしゃいでいた。

受験できるんや、いいゼ!ネタが書けるゼ!

その時はまだ、運転免許の教習代のことなんて頭の片隅にすらなかった・・・・・。

感想を送ってね!